【徹底解説】メンヘラをほっとくと冷められる3つの理由と対策

シンジ
メンヘラが鬱陶しい!!!ほっとくのはOK?
ヒロ
面倒なのは分かるけど、ほっとくと冷められるよ。

どうも!メンヘラマスターのヒロです!

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容
  1. メンヘラをほっとくと冷められる3つの理由
  2. 時間がない時のメンヘラをほっとく以外の対処法

メンヘラは急に不機嫌になるので、イチイチ相手にするのも面倒ですよね。

ただ、そこでほっとくと、メンヘラからの評価はガタ落ち。エッチなことはしてくれません。

もう別れてもいいのなら、ほっといてもいいですが、まだヤりたいのならきちんと対処してご機嫌を取っておき必要があります。

目次

メンヘラをほっとくと冷められる3つの理由

メンヘラをほっとくと冷められる3つの理由

ほっとくと冷められる理由
  1. メンヘラはかまってちゃん
  2. メンヘラはされた事を忘れない
  3. メンヘラは気まぐれ

順に、解説していきます。

ほっとくと冷められる理由①メンヘラはかまってちゃん

メンヘラは承認欲求の塊です。

メンヘラ女性は、あなたのことが好きなのではなく『承認欲求を満たしてくれる人』が好きなんです。

つまり、あなたがメンヘラをほっとくと、普通に冷められるということ。

シンジ
いやいや、今まで積み上げてきた関係もあるし、ちょっとは大丈夫でしょ。

なんて考えているならそれは大間違い。秒速でメンヘラは消えます。

ヒロ
メンヘラ女性を普通の女性だと思わないことが重要。

ほっとくと冷められる理由②メンヘラはされた事を忘れない

自分は色々やるくせに、こっちがしたことは全部覚えています。

「別に1回くらいほっといても大丈夫だろう。」と思いがちですが、それが落とし穴。

メンヘラは自分のことでいっぱいいっぱいなので、他人が自分にしたことはマジで許しません。

マキちゃん
私が傷ついた時、ほっといたよね?あなたの事、もう信じられない…。

こんなことを半年後でも普通に言ってきます。あーマジでめんどくせえっすわwww

メンヘラはすぐにエッチできる良さはありますが、こうなると頑固なのが面倒なところですね。

ほっとくと冷められる理由③メンヘラは気まぐれ

メンヘラ女性は1週間も立てば、別の考えを持っています。

マジでメンヘラは理屈が通じないので、話がまとまらなくなります。

そして、話が盛り上がらなくなるので、徐々にそのメンヘラとは疎遠になっていくのが確定です。

ヒロ
とりあえず、メンヘラはほっとけば大丈夫なんてことは絶対ないってこと。

時間がない時のメンヘラをほっとく以外の対策

時間がない時のメンヘラをほっとく以外の対策

ほっとく以外の対処法
  1. 根性でメンヘラを構ってあげる
  2. いつ相手をするか明確な時間を伝える
  3. 電話を短い時間でもしてあげる

順に、解説していきます。

ほっとく以外の対策①根性でメンヘラを構ってあげる

セフレを継続するためには多少の犠牲は必要です。

何かを成し遂げるためには、それなりの対価が必要です。

「マジでめんどくさいな」と思いながらもメンヘラ女性をほっとかないのが最強の対策ではあります。

まあ、「風俗いくよりはコスパいいかな」って思いながらやる感じですかね。

ほっとく以外の対策②いつ相手をするか明確な時間を伝える

とりあえず『忙しいけど、頑張って相手してる感』これでを出しましょう。

どうしても忙しい場合は、「夜の10時~ならLINEできるよ。」てな感じで時間指定すると吉です。

これをやっておけば、『愛されてる感』を演出できるので、効果てきめんですよ。

ヒロ
まあもう、これで文句言って来たら、その時は諦めましょう。

ほっとく以外の対策③電話を短い時間でもしてあげる

メンヘラは電話が大好きです。

やり取りする時間が十分ない場合、電話をするのが一番です。

『1時間のLINEより10分の電話』だと僕は思っています。

時間がなくても、最低限この位は面倒を見てあげると、関係を継続しやすいですよ。

メンヘラをほっとくと冷められる!まだヤりたいなら構おう

メンヘラをほっとくと冷められる!まだヤりたいなら構おう

本記事の結論
  1. メンヘラをほっとくと冷められます
  2. メンヘラは承認欲求の塊なので、構わないと秒速で嫌われます
  3. ヤりたいならメンヘラ女性にはちゃんと構おう

メンヘラがヘラっている時にほっとくのは悪手です。

普通にずっと根に持たれますし、せっかく手に入れたのにもったいない…。

「別れてもいいかな」と思っている程度の相手ならほっといてもいいかもしれませんね。

それではまた!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる